FC2ブログ
Ein neues Leben Geschichte
つれづれなるままに語る日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

結婚おめでとう、そしてありがとう

結婚式に行ってきた。

いや、もう幸せいっぱいって感じでした。
いっぱい愛があふれてた(笑)
もうね、なんか自然と顔がにやけちゃう感じ?
幸せだぁぁ~っっ!!!て力いっぱい表現してる人の近くにいるとなぜかこっちも幸せな気分になるのよねぇ。
なんかすごく力をもらった気がしました。

しかし、キャラが変わっててちょっとびっくりしたわ(-_-;)
誰よ?あんた?みたいな。
しばらく会わないうちに随分くだけたヤツになってた(笑)
ヨメに感謝しとくべき?
ちなみにこのヨメも仲良くなれそうなキャラでした。
かなり天然やけどつっこみおもろい(笑)



そして、私自身もちょっといいことがありました。
結婚式でもう数年仲違いしていた友人と再会。
来ることを知らなくて思わず絶句してしまった。。。

正直、あたしは未だにその子を許すことが出来ずにいて、
気まずくて披露宴の途中までは話せなかった。
彼女はそんなあたしの態度を見て悲しそうだった。
ちょっと心が痛んだけど、でも話しかける言葉が出てこなくて。。

…そのとき、ふっとその子の子供と目があった。
(これがまたものすごいカワイイ息子なのだ)

ほんの数秒だけどじーっと見つめあってた。
そしたらね、何かもういいか、って思った。
こだわり捨てようって。

いろいろあって、もう一生会うことはないって思ってたんだけど。。。
ウマくいえないけど子供の純粋な目を見てると自分のこだわりがちっさいものだなぁって思った。
この子の親に悲しい顔させちゃいけないよねぇって。
そう思ったら自分の中のこだわりがすうって消えてった。
そしたらね、気づいたら自分から話しかけてた。
その後はお互い笑顔で会話が出来るようになりました。

もう以前のように気軽に会ったりする関係には戻れないけど、でも少なくともこうやって何かの折にあったときに笑顔で挨拶できる関係には戻れたと思う。
そうなるまでに5年もかかっちゃったけど。

5年ていう年月、それと何より子供っていう存在がそうさせてくれたんだと思う。
不思議だね、子供の存在って。

そして何よりその機会を与えてくれたこの日の主役である友人に感謝!
ありがとう。君のおかげで一つ大人になれました。
自分たちだけじゃなく、あたしにも幸せわけてくれてありがとね。
末永~く幸せに暮らすんだぞ!

WeddingKobe.jpg

スポンサーサイト
【2006/12/02 23:56】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<Universal Wonder X'mas 2006 | home/a> | すっかり。。。>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

こたろ

Author:こたろ
コメント大歓迎!
お気軽にどうぞ(^^)
写真はクリックで拡大できます。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BlogPet

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。